柔術ルール

●試合ラウンド

ワンマッチ方式による試合のラウンド数は2ラウンド制(3分2R)、各ラウンドの間には1分間のインターバルを取る。団体戦によるワンマッチ方式は5分1R

トーナメント方式による試合のラウンド数は原則として4分間の1回戦とし、決勝戦のみ2ラウンド制(3分2R)

1、勝敗
●ギブアップ
マットか相手の体を 3 回以上叩くか、口頭でギブアップの意思表示をした場合
●レフェリーストップ
レフェリーがこれ以上の試合続行は危険であると判断した場合

●失格
3回目の反則で「失格」とする。
レフェリーは反則の回数に関わらず、悪質な反則行為(スラムなど重大、悪質な行為)は即失格とする

●装備品破損
コスチュームなどの装備品が破損し、試合を続けられない場合は、失格となる。

●判定
ラウンド終了時点で勝敗が決しない場合は、ジャッジ 3 名(レフェリーも含む)による判定に委ねられる。
a,判定  10ポイントマストシステム、2票以上獲得で勝者、2票未満の場合はドロー裁定、トーナメント方式での決勝戦は最終ラウンド終了時、採点の結果判定がドローの場合 延長ラウンド3分1Rを行い、延長ラウンドの内容のみを評価し、採点を行う。

b.判定基準
試合が判定となった場合、以下の内容を、全てを通して総合的に判定する。
①より一本勝ちに繋がるアクション(サブミッション)
②テイクダウン、パスガード、スイープ等を使い相手より有利なポジショニングを獲得する。

c.ジャッジは以上 2 点を考慮しどちらがフィニッシュに近かったのか?また時間内にどれだけ相手を制圧できたかを総合的に評価する。

※その他 柔術ルールに準じるが、足関節は外掛け禁止、ヒールフック禁止、それ以外の足関節有効です。

PAGE TOP